2013年1月 2日 (水)

Feliz Ano Novo!

あけましておめでとうございます。

Le Prairies のストラップです。

130102_191601_2le

<a href="http://ecnavi.jp/invite?id=r2z2q&ref=3"><img src=" http://ecnavi.jp.eimg.jp/campaign/invite/img/bnr_120x60_1.png" ></a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

日本華南学会第一回学術大会

2012年12月15日〔土曜日〕に開かれます。

詳しくは、

http://japansouthchina.cocolog-nifty.com

を見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

日本華南学会のサイトができました

みなさま、

昨年(2011年)9月18日に設立された「日本華南学会」のブログ形式サイトを立ち上げました。活動はこれからですが、立ち寄っていただければ幸いです。

http://japansouthchina.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

月刊誌『東亜』に「マカオは今(六)」が載ります。

四年後開通予定のマカオ初の軌道系交通機関(三菱重工が受注)やマカオにおける自動車事故対策、そして「マカオ女子会」の動きなどについて書きました。十一月号で、11月1日頃発売いたします。立ち読みして、よかったら、買ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

第41広東研究会の風景など

20110702

(土曜日)午後三時から五時半、札幌で予定通り開かれました。

Photo

        Ⅰ 飯田真紀(北海道大学)

    「広東語と台湾語の"/"VP(動詞句)構文の比

     較対照」

         〔コメント: 松江崇(北海道大学)〕 

    

     Ⅱ 塩出浩和(城西国際大学)

      「北海道におけるインバウンドツーリスト -震災後

      のマカオ・台湾・香港および中国本土からの観光旅

      客と北海道の対応」

      〔コメント: 北見幸一(北海道大学)〕

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

第41回広東研究会(札幌)の内容がほぼ固まりました。

      ***第四十一回広東研究会のご案内***

日時 20110702

(土曜日)

      午後三時から五時半(二時半開場)
☆ベニュー 北海道札幌市中央区南二条西七丁目十番一号
     アパホテル札幌三階会議室(phone: 011-281-8111
     [市電八丁目から徒歩一分、地下鉄東西線西十一丁目三番出口から徒歩四分、地下

     鉄南北線すすきの二番出口から徒歩五分、地下鉄南北線東西線東豊線大通一番出口か

     ら徒歩五分、丘珠空港からタクシー約二十分、新千歳空港から北都バスまたは中央バ

     スにて約一時間]

♪講師およびテーマ・コメンテイター♪

 飯田真紀(北海道大学)
  「広東語と台湾語の"/"VP(動詞句)構文の比較

  対照」

  コメンテイター: 〔交渉中〕

 塩出浩和(城西国際大学)
  「北海道におけるインバウンドツーリスト -震災後のマ  

  カオ・台湾・香港および中国本土からの観光旅客と北海

  道の対応」

  コメンテイター: 北見幸一(北海道大学大学院国際広報メディア・観光学
  院准教授)

£受付・記録・撮影: 竹崎愛乃(広東研究会秘書、中央大学、日本華僑華人学会会員)

参加費 1,000円(学生は500円)[資料代・飲み物代を含む]
    (当日の研究会に不参加で、資料の送付のみをご希望の方は、下記口座に500

    送付し、メールにてご住所をお知らせください。三井住友銀行多摩センター支店

    普通預金0992334「広東研究会代表塩出浩和」)

懇親会 六時からインド料理店「ジョティー」(研究会場から徒歩で五ないし六分、

    南二条西四丁目四番遠藤ビル二階、011-233-3999)にて豆と羊のカレーをご用意

    します。禁煙。会費は3,000円。懇親会のみの参加も可です。懇親会のみ参加の

    方は前日までにメール・ファクシミリまたは電話でご連絡ください。研究会自体

    は参加申し込み不要、当日飛び込み可です。

Ж講師紹介
飯田真紀(いいだ・まき) 
略歴: 東京外国語大学修士課程修了、東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。2000年より約2

間、香港中文大学中国文化研究所呉多泰中国語文研究中心にて客員研究助手を務める。現在、北海道大学メディア・コミュニケーション研究院・准教授。専門は中国語学、特に広東語の文法。

主要業績: 『解読!香港~看板でめぐる都市ガイド&会話ブック~』(「アジアの街角探検隊」香港取材班と共著) 雷鳥社、『NHKテレビ アジア語楽紀行~旅する広東語~』 監修・執筆 日本放送出版協会、『事典 世界のことば141』「広東語」執筆担当 大修館書店 『ニューエクスプレス 広東語』 白水社。

塩出浩和(しおで・ひろかず)
略歴: 慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学。修士(法学)。1982-83年、香港中文大学崇基学院経済学系留学。1985-89年、Research Fellow, Centre for the Progress of Peoples(現在の Asian Centre for the Progress of Peoples, 1986-87年、同クアラ・ルンプール事務所長). 現在、城西国際大学留学生別科・准教授、中央大学経済学部および大学院総合政策研究科兼任講師。専門は華南地域研究、中国近代政治史、アジア・キリスト教神学。日本華僑華人学会会員。

主要業績: Japanese Investment in Southeast Asia -Three Malaysian Case Studies-, HongKong: Centre for the Progress of Peoples, 1989. '

Tumen

River

Area Development Programme: The North Korean Perspective', Myo Thant, Min Tang and Kakazu Hiroshi eds., Growth Triangles in Asia -A New Approach to Regional Economic Cooperation, HongKong:

Oxford

University

Press, 1994.
『可能性としてのマカオ 曖昧都市の位相』、東京: 亜紀書房、1999年。

+++++++++

広東研究会ヘッドクゥオーターズ: 233-0012 神奈川県横浜市港南区上永谷 3-1-7

phone and facsimile: 045-849-2303, mobile: 080-4444-9137 (当日会場電話、竹崎)

e-mail: nbf02732@nifty.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

第40回広東研究会の風景

五月十五日(日曜日)に開かれた広東研究会の風景です。P1020737 竹崎愛乃

P1020738

撮影:

P1020749 P1020761 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

日本華僑華人学会

110514_201402 110514_201401 110514_154701 110514_150901 ###--110514_103401

博多渡辺通り

から

Beppu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

直前情報 博多 天神 マカオ 原発事故

第四十回広東研究会のご案内

               二零一一年五月一日

各位

春陽の候、みなさまにおかれましてはますますご清祥

のことと存じます。

さて、このたび下記の通り「第四十回広東研究会」を

開催いたします。ふるってご参加ください。申し込み

不要。当日飛び込み可です。

            広東研究会代表 塩出浩和 

               nbf02732@nifty.com

★Й★Й

日時: 五月十五日(日曜日)午後六時四十五分から

        八時

場所: 光ビル会議室

   福岡市中央区天神4丁目9-12
   http://www.hikari-building.com/access.html

参加費: 一千円(資料代を含む)

(ただし、学生は五百円、日本華僑華人学会会員・市民科

学研究室会員は百円、(総)領事館・プレス関係者、奈良

大学・福岡大学・城西国際大学・中央大学学生は無料、と

なります)

☆ 報告: 塩出浩和(しおでひろかず)城西国際大学
(日本華僑華人学会会員・日本華南学会設立準備委員)
  地震・津波・原発事故への中国の反応

   ~マカオ・香港・広東省で起きた
     『おかしな』こと
 ・食用油、粉ミルク、塩の買い占め騒動、
その原因と「誤解」・すばやい特別行政区
対応(SARS、鳥インフルエンザの教訓)・
在日「全マカオ市民」の救出作戦・その他

☆ コメント: 芹澤知広

    (せりざわさとひろ)

   奈良大学(日本華僑華人学会会員)

☆ 司会: 山川昌昭

    (やまかわまさあき)

   九州アジアビジネスセンター

(広東研究会九州沖縄支部長・日本華南

会プロビジョナルファウンディングメンバー)

☆  受付: 竹崎愛乃(たけざきあいの)

     中央大学

★ 午後八時過ぎから近くの居酒屋
 で懇親会を開きます。費用は3000
 程度を予定しております。
〈懇親会のみの参加も可です。懇親会
 のみ参加の方は当日、山川または塩
 出にお電話ください〉                                     RSVP

Ate a vista!

当日会場電話: 08052457686 (山川)
       09061285305(塩出)


236

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

穂高養生園

長野県の穂高養生園に来ました。

110509_102001

よいところです。

110509_104201

エスタンウ・アキ・ムイントシュ・メニーニャシュ・ボニータシュ。

110509_085001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«華人のいなくなったモエレ